食事前の運動で効率的にカロリー消費

ダイエットのためにハードな運動をしたくなくても、食事の30分前までに軽い運動をしておくだけでも十分な効果があるんです。
体を動かすのが苦手なために日頃からスポーツに取り組んでいるわけではなくても、基礎代謝の増やし方としては気軽にできるエクササイズで大丈夫です。

体の熱産生を高めよう!

食事前に軽い運動で体を動かしておくと、筋肉の熱によって体内のエネルギー消費効率もアップします。
食事前の空腹状態における運動は、溜め込んでいたエネルギーを使うために余分な糖や脂肪の消費がより促進されるんです。
筋肉を鍛えて基礎代謝を上げるための、日常的なトレーニングとしての効果もあります。
食事内容としては、噛みごたえある食べ物やタンパク質摂取を中心としたメニューだとさらに効果が表れやすいです。

どんなエクササイズがおすすめ?

食事前の運動には、本格的なトレーニンググッズを使わなくても自分で無理なく体を動かせる範囲で構いません。
腕立て伏せや腹筋、もも上げやラジオ体操、階段の上り下りなどを問わず、自分の続けやすいエクササイズが一番です。
5分~10分を目安に続けてみましょう。
食事前以外にも、朝に起き上がって一番のとき、気が付いたときや休憩時間等に、軽く体を動かすようにすればより効果的ですよ。
できれば、普段の歩き方姿勢などにも気を使い、よりエネルギーが消費されやすい動き、姿勢に直していってみてください。

エクササイズの注意点

軽い空腹状態を覚えているときなら大丈夫ですが、極度の空腹を感じているときに無理をしてエクササイズをすると低血糖状態に陥ってしまいます。
空腹感が強ければ、運動前に炭水化物や糖分を軽く摂取しておいてから取り組みましょう。汗をかいたら水を飲むことも忘れないでください。

まとめ

ダイエット成功の大きなハードルになっている運動の習慣ですが、軽いエクササイズから少しずつ習慣づけていくのが成功のポイントです。
運動嫌いな人でも、自分が楽しく取り組み続けられそうなエクササイズを見つけることから始めてみましょう。
食事前のような最適なタイミングで行えば、さらにエネルギー消費効率もアップします。

Comments are closed.